ブログ

桃の節句

hina01hina04
3月3日はひな祭り。ご存知のように、ひな人形を飾って女の子の健やかな成長を願うお祭りです。ひな祭りは「桃の節句」とも言いますが、本来は「上巳(じょうし/じょうみ)の節句」といっていました。古く中国で行われていた風習・行事が起源だそうで、もともとは老若男女関係なく、無病息災を願う厄払い行事だそうです。
上巳のころ(「上巳」とは旧暦3月の最初の巳の日)は季節の変わり目で、災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、古代中国では、この日に水辺で穢れを祓う習慣がありました。この上巳節が遣唐使によって日本に伝えられると、宮中行事として取り入れられ、「上巳の祓い」として「曲水の宴」を催したり、禊(みそぎ)の神事と結びつき、紙や草で作った人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、川や海へ流したりするようになりました。今でも一部地域でみられる「流し雛」は、この名残です。

平安時代ごろから、宮中や貴族の子女の間で紙の人形で遊ぶままごとが盛んになりました。これを、大きいものを小さくする、小さくかわいらしいという意味の「雛」の字を用いて、「ひいな遊び」「ひな遊び」といいます。この遊びが上巳節と結びつき、男女一対の「ひな人形」に子どもの幸せを託し、ひな人形に厄を引き受けてもらい、健やかな成長を願うようになりました。

やがてこれが武家社会に広がると、5月5日の男の子の節供に対して、3月3日が女の子の節供となり、別名「桃の節供」として定着していきました。桃の節供というのは、桃の開花期に重なるというだけでなく、桃の木が邪気を祓う神聖な木と考えられていたからです。

さらに江戸時代の初期は男女一対の人形を飾るだけだったのが、次第に立派なものへと変わっていき、その後、時代を経て、私たちが馴染みのある現代の形へとなってきたようです。

もとは厄払いの風習だったこの行事ですが、子供の健やかな成長を願う行事となってからも長く現代まで続いていることを考えると、間違いなく、いつの時代も子を思う親の気持ちは変わりないものだと思います。

今年もまた各地で行われている華やかなひな祭りの様子を目にします。ここ豊橋でも毎年この時期には「二川宿本陣資料館」にて、二川宿の旧家に伝来する雛人形や御殿飾りのほか、色とりどりのつるし飾りや折り紙のひな飾りなどが展示されており、目を楽しませてくれると同時に、春の近づきをも感じられるのではと思います。

日々是活き生き/暮らし歳時記 参考・引用

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る