ブログ

お彼岸

仏像01春分の日は、国民の祝日に関する法律で、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日とされているみたいです。「あたたかくなり、虫たちも動き出し、草花は芽を吹き花を咲かす時期」だからでしょうか。

この春分の日を中日として前後三日をあわせた計七日間がお彼岸となります。「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言われるように、「彼岸」は、春と秋にあり、春は「春彼岸」になります。
「彼岸」と言って思い浮かぶのは、「お墓参り」と「ぼたもち(秋はおはぎ)」ですが、この「彼岸」っていったい何でしょうかね?ちょっと調べれば、すぐにわかる様なことですが、せっかくですので、かい摘んで書きます。

「彼岸」は仏教用語です。もともとはサンスクリット語の「波羅蜜多(はらみた)」の意訳で、「到彼岸(とうひがん)」(「彼岸」に到達する、って意味)から来ています。「彼岸」に対しては、煩悩や悩みに満ちたこの世である「此岸(しがん)」となり、「此岸(この世)」から修行をして煩悩や悩みをのりこえ「彼岸(悟りの境地)」へ到達するということです。
ただ、「彼岸」の行事は他の仏教国にない日本固有の行事みたいです。悟りの境地を指す「彼岸」は、いつしか死後の「極楽浄土」ととらえられるようになり、亡くなったご先祖様の住む世界も「彼岸」とされるようになったようです。

また、春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇って真西に沈みます。そして昼と夜の時間がほぼ同じになるこの日には、彼岸と此岸が最も通じやすくなると考えられ、「ご先祖様を偲ぶ日」となったみたいです。他にも「日願(ひがん)」に由来するとする説もあるようです。恵みをもたらしてくれる太陽を信仰するものですね。個人的には、この二つが合わさった、真西に沈む太陽と西方である極楽浄土の世界を重ね、夕日(西方)に向かって手を合わせ、ご先祖様を偲ぶ、って感じがしっくりきます。

ところで、「ぼたもち(牡丹餅)」の方ですが、古来から魔除けの力があるとされていた小豆と五穀豊穣の願いであるお餅を合わせて、ご先祖様への感謝と家族の健康を願って、仏壇や墓前にお供えするようになったのが始まりのようですね。

春分の日は連休になりますので、行楽に行かれる方も多いと思います。でも、ちょっと時間をつくって、お墓参りに行かれてはいかがですか。またお墓が遠方の方は、何かご先祖様を偲ぶようなことをしてみてはどうでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る